2010/10/26

自分についての新しいコンセプト

ようやく、これからやりたい事のコンセプト
が見えてきました(^-^)vscissors

そこでこちらのブログのプロフィール変更(^_^)b

いつまでも古い肩書きのままではあきまへん
仕事のHPもいいかげん更新せんといかんし。。。。

早くなんとかせんとくんですd(^-^)!!!wobbly

それにはまず、
今私が何に関心があるかというの
を明確にしなければまずいなと(^◇^;)

とある紹介文をまとめていてpencil
自分のこれまでの経緯から繋がっている
現在の関心系のキーワードをむすんでみた(^_-)-☆riceball

客観的にみて
スローライフとスピリチュアルを統合する
健康的な暮らしに関するモノコトづくりと
実践研究をしているなぁ、
最近の私ってφ(.. )eye

そこで、ちょい長いけど(-_-)snail

ロハス&スピリチュアルな心身健康生活の
クリエーター兼実践研究者bananabudshine

ってことにしました。今のところ (*^_^*)clover

コンセプトワーク、こんなことばかり仕事
でやってきたんですが、こと自分の事とな
ると どうも気合入りすぎたり まいっか
棚上げ現状維持とかの二極化傾向で(=_=)gemini

自分のことをきちんとせんと、人のことを
ご頼を受けるなんてこと 
できまへんがなf(^ー^;coldsweats01

今後は医者の不養生のやうにならないよう
に、創造したら速攻実践研究することを誓
いました(^_^)vapple

ふぁいと〜♪run

そこで早速、ナチュラルハイジーン実践講
座でもっとも厳しく松田先生が指摘してお
られた現代人の「運動不足」について(^_-)punch

家事手伝いしながらの在宅クリエーター活
動というのは、わかっていてもついつい家
の中での作業にはまりこんだとたん、運動
不足スパイラルへ(^_^;)実家の家族と一緒だ
と、車に乗る機会も増えるのでさらに注意
が必要f(^ー^;

三日前からブログの更新に集中しすぎでし
たので、今日から早速意識的なトレーニン
グを再開です!(^_^)brun

といっても、単なる散歩やジョギングとか
はどうも続かない人なので、書籍やオーガ
ニック野菜と果物を求めての買い物や神社
巡りを意識的に毎日やることかなと(^_^)smile

今朝は久しぶりの東公園十日恵比寿神社経
由で産土社の筥崎宮へお参りしてそのよう
に感じました。ちょっと遠いんですけど往
復で1時間ほど しっかり歩けてGOOD∈^0^∋shoe

で、
久々十日恵比寿神社でひいたおみくじより
意外な警告があり。。。。(゜ロ)coldsweats02

☆仕事:
「色恋沙汰」に気をつけるようにkissmark

うーむ。
ま、異性と見られているうちは 有り難い
ことだと近年九州における古典的セクハラ
も前向きに受け止められるようになってき
たところではありますが…(-.-#)pig

そのお言葉を有り難くしっかり受け止めて、
心と体を鍛えぬきさらなる精進をして参り
たいと思いますェ(__)ェleo

十日恵比寿さん ありがとうございます。heart04


Dscn3822

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

2008/11/15

我が家の作業所化計画♪

ちょっと前にユザワ屋福岡店でゲットしてた
編み針使わずに指でかけるだけ(リリアン風)
の超簡単な王冠形の手編み機材
ハマナカの「アンデミルミル(丸)」
このごろになってよく使っております。
これで編むとお気に入りの形と色のアクリル
たわしがすぐできるので、このごろプレゼント
用に編んでましたら、父も編んでみたいという
のでボケ防止指の運動に時々やってもらってま
す。
虹社長はというと、長いこと背中と肩の痛みで
お預けになってしまっていた 編み物縫い物に
料理や天然酵母のパン焼きもちょっとずつ再開♪ 
このところリネンやオーガニックコットンの小
物とかぎ針編みの帽子をまた少しずつ時間区切
って編み始めています。
大変わかりやすい編み方の基礎の本がみつかっ
たので 模様編み研究しつつの制作はとっても
わくわくします。
と、だんだん自宅が作業所となってきた
いい感じの今日この頃です。

2008/02/23

そろそろ自分のことせにゃ

2月は上村淳史画伯同行の 
日本画教室に特別講義の野外スケッチ会
まであり、しばらく福岡を離れていました。

私の留守中、家族の夢
「田園ワークショップギャラリーカフェ」
へ近づく一歩になるような話が舞い込み、
理想的シチュエーションの畑を仲間づてに
かりることができたのです。
ここまで皆の足並みそろうのには軽〜く
5年かかっておりますが、全員で決意して
動き出したら それはすごい勢いで^^;

もうここまできたら 私の新事業立ち上げ
役もほぼ完了。
いいかげん 自分のことに集中せにゃ です。

※写真順番に 野外スケッチ会 会場
「神戸花鳥園」にて、いきなりの積雪に喜ぶ 
カメラ目線の ぺんぎんくん。
その次は 滞在の最初と最後は積雪で…
名張の宿から見えた水墨画風の風景。
そして、日本最初市場という由緒正しき 
三輪坐恵比須神社の初恵比須の日・
境内のめでたいお飾り。


Dscn3413


Dscn3354


Dscn3379

2008/01/19

帰郷十年目の年頭に

だいぶ長いことブログ更新できませんでした。
このごろ日記になってないじゃんと つっこ
みをいれたくなりましたが、ちょっと今回は
深い考えがございましたんで。

今年でついに帰郷十年目になります。
それ以前の私は関東圏でデザイナーとして好
きなことを、自由気ままに一人でやってきた
んですが、帰郷してからは実家に住んでいる
ので、自由もなく仕事の方向性もいままでの
ようにはいかなくなるような諸状況が次々と
やってきて、もう本当にどうしていいのかわ
からないくらいに迷いに迷った10年だったよ
うに思います。

しかしながら、その間に出会えたナマケモノ
倶楽部でのスローライフ実践普及活動なる、
前代未聞の環境文化NGO活動のおかげでこ
れから先向かうべき大きなテーマ
=エコ&アート=農と芸術
が見つかりました。

すると機能不全になっていた家族が蘇り…
高齢者の両親も第三の人生の生き甲斐をみ
つけることができて、弟も9年の引きこもり
から目覚めていって、私も第二の人生を模
索し始めることができたのであります。

そこでさらに今年の初め ようやく家族全
員のやりたいことが明確になり夢の形がま
とまりました。

それは
「田園ワークショップギャラリーカフェ」
スローライフの提案とエコアートの拠点
を郊外の畑の近くにつくること。

だけどそれはただ箱物をつくることや、
商売で飲食をやるためではなく、自分た
ちや仲間たちの作った作品や技が展示で
きる場所がつくりたいねという弟・母・
私の夢と、畑作業で盛り上がっている父
の念願の休息小屋を兼ねたスローな仲間
と気軽に交流できるゲストハウスを一つ
にしたプラン。

畑作業のあとに 少しくつろいでお茶で
もできたらいいね 
雨の日には小屋で作品をつくって 
ときどき 友達を招待して 手煎り焙煎
コーヒーとちょっとした軽食をふるまっ
て 和みたいよね
たまにはちょっと音楽イベントしたり…

ってな家族それぞれのやりたいことをコラ
ージュしていったことから生まれたスロー
なプランでした。

で、これがいつ出来上がるかもまたまた
よくわかりません。

私は今年からデザイナーから作家としての
転向を本気で行うことになり、その修行と
心身鍛練そしてギャラリー女将としてのリ
サーチを兼ねて大和へプチ文化留学に出か
けることになったりいたしまして…

引き続きプランは至ってスローにすすめら
れております。(なんと言っても、私より
家族が至ってマイペースなため)

これまでいくつかの店のオープンに立ち会
ってきたのですが、もしも自分が店を作る
としたら、きっとこのように短期間のスケ
ジュールで計画通りにすすめることはきび
しいだろうなという予感はしてました。

というのも、まずは一番の難題でした、
機能不全に陥っていた家族関係を修復する
のに数年、各自の能力を発掘して育成し、
それぞれ本当にやりたいことを抽出してそ
のモチベーションを維持できるものになる
までまた数年、活性化されて個性がはっき
りしてきた家族の意見がおちついてまとま
るまで数年かかり、技を磨くのに数年、理
想の表現方法と形をみつけるるまでにまた
また数年…。

結局 今年このようなスタートラインに立
てるまでに、何と10年かかっているではあ
〜りませんか!(笑)

この下準備からの計画をまともに最初に細
かく見積もってしまってたら、時間も予算
も膨大すぎて早々に挫折していたことでし
ょう。

だけど、とにかく今やれることに集中して
根気よくやりつづけていけたことで今日に
至れたのです。

いかに「待つ」ことが重要で、かつ忍耐力
のいることかを これでもか というくら
いに学ばされ続けた修行の10年でもありま
した。今思えば…

それは私の我力や想いだけではとても乗り
越えられるようなプランではないので、み
んなの思いとパワーがあり続けたからこそ
の今日なのでした。

本当に のっけから 
感無量の新年となりました。

ありがとうございます
そして本年もよろしくお願いいたします。

2007/11/16

超久々のオーダーメイド

今日は母と一緒に 昼から
キャリーバッグを買いに行った。
私がこれまで使っていたものは、
それなりに気に入ってたのだが、
300円ロッカー入らないサイズが
ゆえに 旅先で結構経費がかさむ
だけでなく 大型ロッカーがある
駅にしか預けられない難点があった。

今回ゲットしたのは、300円ロッカー
にぎりぎり入る19L。
女性向けにつくられた風のシェイプ
されたデザインのは18Lで同じ値段
だった。若い頃は形で選んでいたとこ
があったが、年々快適さと機能重視傾向。
かわいくても 重たいのとか 操作性
がよろしくないのは 結局使えなくて
長持ちしないから、選ぶポイントは
おのずと 年々かわってくるのだった。

洋服も然り。
必要以上に重たいものとか、かわいいけど
体が冷えたりするのは×なので、やっぱり
快適さと機能性重視のデザインを選ぶこと
になる。

そうなってくると、なかなか本当に自分に
しっくりくる既製品が年々みつからなくなっ
てくるのは確か。

ブランドで選んでも、
機能性だけで選んでも どうもしっくり
こない。

同業の友人とはいつもそのような話になって
しまうが、やっぱり 今だに「ここのブランド」
っていう決定打に欠ける。

やっぱり 1960年代 我らが子供の頃のように
オーダーメードの洋服や雑貨ってのが
一番快適で 究極にしっくりくるんじゃなかろーかと
思う今日この頃。
素材選びも産地から吟味できるし、作る人の顔も
見える。
私たちが知らないところで第三世界の資源や人々の
命や環境をを苦しめるようなやり方に無意識で荷担
することもないわけだ。

とは言え、いまさら仕立屋さんもあまり
あるわけでもないし、それなりに予算も結構
必要だしで、これまでなかなか手が出なかった状態。

だったらば
ある程度のものは自分でつくれる技術を
習得するのが一番だと思うのだが、素材により
得手不得手があり なかなか。。。

そのようなわけで、今度の出張の折
少し足を伸ばして、
伊勢の伊勢木綿屋さんに寝間着浴衣を
仕立てに行くことにした。

家でくつろぎように浴衣を着ることがマイブーム
になってからというもの、
木綿の浴衣寝間着に興味を持つようになって
ネットで調べていったら…
国内の繊維業界が 思った以上に瀕死状態である
こともわかって、ショックだった。

「安い外国製の洋服や雑貨 台頭」の裏側でおきていること。
長いこと工業製品の商品企画の現場から離れていた間に…
これは このままでは あかんなと 思った。

それにしても 予算1万円以内の寝間着浴衣といえども
オーダーメイドは超久々。
小中高時代の制服の採寸を思い出します。
わくわく。