« 自らの心の戦乱時代・遺跡発掘! | メイン | 水の女神からのメッセージ? »

2011/09/18

頭上に舞い降りてきた信仰と芸術の神様仏様からのメッセージ?

ご近所さんから招待状をいただき
昨日 母と福岡市美術館で開催中の
第107回太平洋展へart


天神イムズの自然食レストラン
キャトルセゾン旬で 昼食を済ませrestaurant
いつものペット屋でプレーリードッグdog
に挨拶をしてから バスで大濠公園へbus


こちらの展示での とくに版画と
染色が素晴らしかったshineheart04happy01


う〜ん
私にとって
観ていて癒しを感じ 日常生活にも
さりげなく取り入れやすいのは 
やっぱり
布モノ だなとnote

、、、それから数時間後

夕食の片付け中。。。
いきなり 台所のふきんが
行方不明になった。despair


しばらく母と二人で探し回ったのだが
いつもあるような場所にも
ついに見つからなかった。coldsweats01


ま、いいかと台所を出て
洗面所で歯を磨きながら
ふと鏡を眺めたら


あ”! あった!!!!sign03

大笑い!!!happy02happy01


それは…


食事支度前に洗髪し 
頭に巻いたままのタオルの上


まさに
頭頂部分に 
花嫁の つのかくし の如く
はらりとのっかっていたのだ。happy02

(節電と健康の都合上ドライヤーを
あまり使わないためタオルドライだが
この日は乾かす時間がなくてそのまま夕飯
の支度に入ってしまった。。。

フキンは通常流し台のちょっと頭上左上
の位置に吊していたので 頭に巻いたタオル
によって 虹色の身長がいつもより微妙に
高くなってて 作業中それにひっかかって
しまった模様)


足元 に加えて
頭上も 
要 指さし確認ですね eye


昨今の体験からの 気づきは


捜し物は いまここの
まさに自分自身の
「真上」=日常にあり sun


それが
上=髪=かみ さま 
からの啓示fuji
なのかもね〜 と


しかもそれは
つい数年前までそれが常識だった=
非日常的な活動時間が主体という
デザイナーに戻るのではなくてenterng


このくり返しの日常生活を主体に
「健全な家庭生活」house
という 基盤を整備した上で


ちょっとしたアートをたしなむ
ような感覚に 転換せよという
こと のようですtulip


しかも 私の頭頂で発見されたものが
まさに前述のup


癒し系で日常生活に一番フィットする
「布に書かれた染色作品」art

=母作の手描き友禅のフキンだったから
余計に 納得しましたcherry


私も家族もここ一年、
仕事引退後の家庭生活をどう
組み立てなおすかの模索にかかりっきりで
それ以外は何も手つかずのままでしたがthink


芸術の秋からもろもろ再開maple


先ずは、家の不要品の大片付けからclover
ということで…


☆☆☆プチイベントのお知らせですheart01heart04


10月の上旬から20日くらいまでの
約二週間。


田主丸山づとの道の古民家にて 
我が家で使用していた昭和時代の家庭用品や
古いアナログゲーム盤などを
並べて「時代屋」風の展示をいたします。


虹色女将の滞在日はのちほどお知らせ
いたします。wink


また、この日に遊びに行きたいという
ご希望がありましたら 事前にお知ら
せください。happy01


追記:

今日の虹色気づきにもシンクロした
私も大変共感できる ブッダの覚醒についての
記事を発見しましたので
補足説明に ご参考までに
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/96aae155285ea0419ea680cef0e7fbea


そこまで書いてブログアップした後、
さらに もう一つ 
だめ押しのような すごい気づき
を発見eyeeye


それは・・・


この美術展の招待状をくださった方の
出品作品とは
「阿弥陀如来立像/田中孝」で

心をこめて丁寧に制作された
ここちよい大きさと 
緊張をときほぐすような
ゆるめの質感のフォルムに
日常生活の中でも
ほっと憩えるような…
カジュアル系の
癒しを戴いて参りましたheart01


そしてその
「阿弥陀如来」とは
=父母共に実家宗派のご本尊でnotes


とくに母方の祖父
(熱心な浄土真宗本願寺派の信者だった)
が何よりも愛した信仰と芸術のテーマ
でもありました heart01


南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏


みなさま
神様 仏様 先祖のみなさま
本日も 幾重もの気づきを
誠に ありがとうございますm−−m


うーん 


それにしても 
今回の これでもかっていう
目に見えない世界から
立て続けにおりてきた
気づきの雨霰にはeyeeyefuji
参りましたhappy02

もう 
これは
やるっきゃ 
ないですsign03happy02

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。