« 産土社へ新年のご挨拶 | メイン | 靴下の祈り »

2009/01/11

どんど焼き

数年前から近所のどんど焼きに参加してます。
6年前熊本和水町在住中 そのダイナミックな
火のエネルギーと寄り合いの楽しさを知ってか
ら 都会の地域活動にも残っているこの正月明
けの一大イベントに参加せずにいられなくなり。heart04

田舎のどんど焼き(熊本ではどんどや と呼ぶ)
では竹で組まれたやぐらに点火されて めらめ
らとannoyそして 時々 大きな音ではじけて燃え
上がる かなりワイルドなものでした。eye

都心では、消防自動車数台が待機する中 大勢
で大きなたき火をして楽しむものですが、
それでも 都会で公式にたき火を兼ねた縁起物
のお炊き上げができるまたとない機会notes

今年は 出がけに粉雪が舞う寒い朝でしたがsnow
つきたてのお餅が入ったおぜんざいに
おしんこ、そして帰りがけに分けていただいた
焼き芋を戴きました。heart01

焼き芋は初めていただいたのですが、これが
もー なんだかとても有り難いお味で、家族で
分け合いました。

どこに住んでいても 人々の思いは同じなんだ
なと たき火にあたりつつ地域の笑顔とたくさ
ん出会えて ほっこしした気持ちで和めたひと
ときでした。sun

ありがとうございますm−−m

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。