« 超久々のオーダーメイド | メイン | 奇跡ドラマ »

2007/11/28

このたびは…

紀伊半島へ
アートとカルチャーを深める マイ出張(秋編)
少し出足がおそくなったので、
もう紅葉は終わっているかなーと
思いきや、まだまだ大丈夫でした。

一日目には東吉野へ水神様巡り。
これでもかというくらいに澄み切った
冷涼な空気とマイナスイオンをたっぷ
りいただいて満腹!
ここは赤というより黄色いもみじが
目立ちました。これってまだこれから
赤くなるのでせうか?

二日目、用事を終えてふらり立ち寄った
奈良公園にて これまたすばらしい風景
にだんだんはまりこんでしまって…
写真とりつつ ひたすら 紅葉の色彩と
たわむれ…するとおあつらえ向けに
野鳥や雲のさざ波や湖面のさざ波に
うかぶ水鳥までもがひょっこりと現れて
まさに花鳥風月の世界に心もからだも
とろとろ。

うちの近所の公園も それはそれで綺麗
なんですが、どこが違うのかというと、
やはりそこに訪れる各国からの観光客や
奈良を愛するたくさんの人々が絵を描い
たり写真とったりしてよってやかって
年中無休で 愛でるから 美しさがどん
どん増して見えるのではなかろーかと。

立ち止まってスケッチをしてみたい気持ち
になったけど、大学卒業してからはめった
にそういうことしなくなったので、超照れ
くさいのです。
全く素人であれば怖いモノなしですが、、、
中途半端にデザイン屋で絵も描き文も書き
レイアウトもして…
なんてことでお客様の依頼をいただいて
命をつなげさせていただけただけに 
自分に対するだめだしがきつすぎるんですね。ーー;
それがあまりに窮屈でしかたなくなってきて
ます最近。

それを乗り越えないことには
花鳥風月の世界を絵で表現することはできない
わけなんで、今回は それに向かう一歩として
時間をかけてじっくり自然と和みながら観察を
するように意識してます。

それに加えて 史跡にかかれた歴史を読みつつ
今ココに その時代の人の思いをシンクロさせ
るのはほんとうに奥深い。タイムトリップまで
楽しめるわけです。

奈良公園の奥にある神社の銀杏がやたら目について
ひかれるままに境内に入っていくと、
菅原道真公が読んだ あの有名な 歌碑が
あるでは あ〜りませんか。

「此のたびは ぬさもとりあえず 手向山
紅葉のにしき 神のまにまに」

そう、私が紅葉の美しさにつられて やってきた場所は
東大寺の鎮守 手向山八幡宮

ちなみに今回持参した移動中に読む文庫本は
白洲正子「私の百人一首」

その81頁からの内容がその場で役に立ったのでありま
した。

学生の頃にいっしょうけんめい憶えた百人一首ですが
意味なんてまったくわからないまま。
今この年になってみると少しはわかる部分もありかな
とか、だけれども、今生の私に王朝貴族の生活は 
大人になっても やはり わからん わからん。

それでも浪漫がありますね古典は。

それでは とりあえず
その日の写真を 出張先からのっけてみませう。

左から 奈良公園の紅葉/東吉野の水分神社に
ある瀧/手向山八幡宮にある菅原道真公の歌碑

Dscn3190


Dscn3137


Dscn3164

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。