« 今年のミッション占い | メイン | 満月瞑想 »

2006/01/10

博多・十日恵比寿

Dscn1206s_1
今日は博多の十日恵比寿。母と今日生まれた仲間のお子さまへギフトを買いに
近所の十日恵比寿神社に行って来ました。
ここの縁日屋台で売られていた浅草・開運小槌の根付が気に入ってゲット。
何と言っても、口上商人(江戸時代、街頭で口上しながら商品を売っていた)
の小気味よい口上にぐっときたのであります。
この小さな小槌の中に、丁寧にひとつひとつの効能を説明しながら、おじさんが
さらに小さな開運パーツを6種類も詰めて封印してくれるんです。
その内容は…金運アップの「恵比寿さま」、生涯食べるに困らない「大黒さま」
どこへ転がっても必ず芽が出る「サイコロ」、人に施せば福が必ず還ってくる
「カエル」、無病息災の「ひょうたん6つ」、難を転ずる厄除けの「赤南天」
(渡す直前に根付を磨き、開運に「磨き」がかかりますようにと願いを込めて
くださったので、思わず合掌しちゃいました。実は本殿は長蛇の列でお参りで
きなかったのですが…このオジサンも同じく恵比寿様なんだということがわか
ったのであります。)
というわけで、皆様にももれなく開運をお裾分けいたします!
今年も良い年でありますように。(柏手)

コメント

明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。

十日恵比寿、去年僕も行きました。
確か人の数がすごいんですよね。
富くじ(でしたっけ?)話の種にやってみようと思って行ったけど、人の列を見て諦めたのをおぼえてます。

恵比寿様の開運パワー、赤村方向にも送っといてくださいね^^
今年もいい年にしたいなー。

おかもとくん>ありがとうございます^^
実は参拝は心の中でして、母と「福くじ」ひいてお誕生日祝いの十日恵比寿神社お守りだけはしっかり買ってきたんです。すると…二人とも大吉!その帰り道にこのブログに書いた小槌をゲットして帰ったのであります。この小槌を赤ちゃんにあげようかと思ったんですが…飲み込んだりして危険なので、物心ついた頃に買ってあげようと思います。また、この口上商人から伝授された効能からすると…私が持って回りに振りまいてあげた方がよさそう。日々持ち回ってみなさんに福をお裾分けしてまわります。

あけましておめでとうございます♪
今年も宜しくお願いします。

文章を読んでいたら、寅さんが目に浮びました。
(同じ下町人として、寅さんが大好きなもので…)

語呂合わせというか言葉遊びの達人というか
生きる知恵なんですね。

てるてるさん>
どこかでこのオジサン見つけたらこの開運口上を
きいてみてください。
我が家のスロービジネスの目指すところはこの形。
屋台風wsものを目指しております^^

今日小林さんの所でお茶を飲んでたら、真美ちゃんが来て、お互いのブログアドレスを交換しました。早速に覗いてみると、「どうやらこれは?」と思うものがありましたので、もののついでにと開いてみたら、和服姿の・・・。やっぱり。年の瀬のおそば、うまく言ったようですね。ご両親様によろしく。

そば爺様>
ありがとうございます^^
お陰様でマイ父の蕎麦もだんだんそれっぽくなってまいりました。今後とも御指南の程を宜しくお願い致します。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。